■プロフィール

mikaduki

Author:mikaduki
八ヶ岳南麓で、自然と共に暮らしながら、和紙作りとお店、そして、自然のままの庭で楽しんでいます。 

ギャラリー&工房  「森のあかり」
山梨県北杜市大泉町西井出8240-838
http://www.morinoakari.work

八ヶ岳の大きな森と景観に魅せられて、引越して来たのも一昔前になりました。 周りの景観も劣化。私的には、自然の豊かさに感謝しながら、自然の営みと共にある暮らしを目指しています。 

■カテゴリー
■ブログ内検索

■最近の記事
■リンク
展示会「和紙のあかりとタペストリー展」
展示会のお知らせ

「森のあかり 和紙のあかりとタペストリー展」

期日: 12月2日(土)~ 12月8日(金)  無休
時間: 10:00~17:30
場所: ギャラリー&工房 森のあかり 
〒409-1501 山梨県北杜市大泉町西井出8240-838
       TEL: 0551-38-0248
----------------------------
和紙のタペストリー、やさしい和紙のあかりが揃いました。
和紙の落ち着きと温かさは新鮮、暮らしの中で楽しむのはいかがでしょうか。
和紙は、一点づつ手漉きのオリジナルです。

1711 morinonaka -s
森の中で光るあかりをイメージして、木のようにと、台を小さくしてみました。


森のあかり 和紙&照明  Japanese paper/lamps | 13:07:28
今週は 落ち葉week
今週は、落ち葉weekです。  そして、紅葉がきれいです。
サラサラ、ふわふわとひっきりなしに葉が舞い降りてくる。
屋根も落ち葉でカラフルに。
s-1711 紅葉 (1)
赤茶に色づいているのはウワミズザクラ。
樹種によってそれぞれ色が違うのが凄い。

s-1711 紅葉 (5)
手前の黄金色はダンコウバイ。 赤はモミジ。
周りの木が落葉して、陽が当たり始めて、紅葉が始まりました。

s-1711 紅葉 (17)唐松
カラマツもきれい!

s-1711 紅葉 (18)
最後に富士山。


 


八ヶ岳の風景 Scenes around | 21:23:18
青トマトのジャムがたくさんできました。
10月下旬、霜を見てびっくりしながら、畑に行くと、
ピーマンやシシトウが息絶え絶えの状態、でも収穫(笑い)。
トマトは、青いままで、一杯残っている。 でも、大丈夫!
この青トマトを待っていたのだ。
だって、青トマトはジャムは最高に美味しい。 ピクルスもばっちし。

手がちぎれそうなほどの青トマトを持ち帰って、直ぐにジャムづくり。
s-1711tomato jam
こんなにたくさん、青トマトジャムができました♪♪。 瓶がなくなりそう(笑い)
青トマトの独特の苦みが、ジャムにすると、大人の味になっておいしい。

畑は、夏野菜が終わり、今秋野菜に。
s-1711 potage (2)
手前の黒い部分は、植えたばかりのタマネギ。 
これで今年の畑仕事はほとんど終わり。
でも、10月の長雨のせいか、ニンジンも、野沢菜も、大根も大きくなってない。
11月中に爆発的な成長を望むのみ。

八ヶ岳の風景 Scenes around | 17:16:45
テーブルも作りました!
デッキのペンキも終えて、作品作りに入りたいのだけど、
やはり、デッキに作業テーブルがほしい。
以前のは壊れてしまった。
紙を干すにも、なにか作業するにも、あってほしい。

秋の心地よい日射しを見ていると、
作る勇気がジワジワと沸いてきたのです。 
ヨーッシと、思い切って作ることにしました。

でも、材料は全て、残り物とリユースです。
デッキ用に注文していたヒバ材の残りと廃材で、天板ができそう。
私は、図面を書いて、計算して作るというのが本当に苦手。
だから、一つづつ現場合わせというか、並べて確認です。
s-1710デッキテーブル (2)
カンナをかけて、ペンキを塗ると、かっこよく見えます。

s-1710テーブル完成
悪戦苦闘の末、テーブル完成!
これで、バーベキューも楽しめま~す。

s-1710庭イステーブル
こちらは、以前のテーブルの板を庭のイスに再利用しました。
寝そべるととっても気持ちいいんです。

ほかにも、リユースで、靴置きをつくりました。
ずっと、困っていたものたちができたので、すっごくうれしい!

そして、安倍政権による突然の解散選挙。 でもこれが吉とでるかもしれない。
10月に入り、なんだか新しい風が吹き始めています。



日記, Daily life | 19:16:27
ベランダを修繕、 そしてペンキ
傷んだベランダがやっと修繕できました。
そして、オイルステインを塗って、完成!
新品になったようで、気持ちいい!!
s-1710ペンキ2

実は 2年ほど前から傷んだので、修繕したかったのですが、
ちゃんとした木を扱う所が見つからなくて、できなかったのです。
s-1709ペンキ前
(修繕までしたので、ペンキ塗りを完璧にと、デッキを水でゴシゴシと掃除)

私の言うちゃんとした木とは、デッキとして10年はもつ木で、できれば国産材。
そして、やっと、いい業者が長坂町にあるのがわかり、早速注文しました。
持って来てくれたのは、国産のヒバ!。 嬉しい。
ヒバは脂分を含むので雨に強くてベランダ材としては最高。
修理中の写真取り忘れ残念。
s-1710ペンキ
(修繕は、手前のデッキの梁と板を数枚。 オイルステインも2度ぬり!)

昨年、近くのXマートで買った材は、
1年も持たない代物だった、 汗かいて作ったのに、ほんと腹が立つ。
それで、店に確認に行くと、SPF材と書いている、しかも内装材と。
以前はそんな説明無かったです。 
SPF材とは、スプルース、パイン、ファーの頭文字。
パインは松、ファーは杉だから、雨風に強いはずだが、大間違いだった。 
北米産のパインやファーは、弱く、日本の松杉とは全然違うのです。

昔は、とてもいい材を扱う工務店が高根町にあったのだが、残念ながらなくなった。 
小規模で頑張ってきたいい事業所が、この10年の間に、私の知っている所だけでも、
数多く廃業に追い込まれました。  
アベノミクスは田舎には届いていません。 





日記, Daily life | 17:25:14
次のページ

FC2Ad