■プロフィール

mikaduki

Author:mikaduki
八ヶ岳南麓で、自然と共に暮らしながら、和紙作りとお店、そして、自然のままの庭で楽しんでいます。 

ギャラリー&工房  「森のあかり」
山梨県北杜市大泉町西井出8240-838
http://www.d5.dion.ne.jp/~akari-m/

八ヶ岳の大きな森と景観に魅せられて、引越して来たのも一昔前になりました。 周りの環境も変化しています。 

■カテゴリー
■ブログ内検索

■最近の記事
■リンク
お店のリーフレット更新・・・
森のあかりを紹介するリーフレットができました。
HPのアドレスが変更になりました。 
どこかで見つけたら、是非お持ち帰りください。

1709 A5 2つ折り 外側

和紙のタペストリがありますよ~~と入れた写真、色も、文字もイメージと違ってしまった。


1709 A5 2つ折り 内側



森のあかり 和紙&照明  Japanese paper/lamps | 17:18:15
小さい!、メンチカツ
ずっ~~と冷凍庫にある6個入りメンチカツ。
今日こそは食べようと、袋を開けて、びっくり!
なに!、この小ささは。 まるで一口サイズ。
これ何人分なの? 私なら6個食べられる。

そして、袋を読むと、またびっくり!
チン!とするだけで、食べられるとは、なんと便利な、!
全くもって、時代についていっていない自分。改めて認識です。

でも、冷凍食品やコンビニでお弁当を買う若者をよく見かけるけど、
本当に、大丈夫なのだろうか。 
体が資本なのに!
体は、あなたが口に入れたモノでできているの・・・。

1708 ウバユリ s
ウバユリの季節になった、 このゆり根も食べられるらしい。



日記, Daily life | 14:17:27
今年も野草茶作っています
今は、野草茶の材料を採る時期です。
私は、いつも、ドクダミ、スギナ、アマチャズルを使っています。
今年は、ユキノシタが一杯あるので、今乾燥中です。

s-1707 野草茶 (1)
これが、アマチャズル。

何をどのくらい使うかは決まっていなくて、その年に採れる量で作るという
とっても柔軟な(いい加減な)やり方です。 だから、味も違うはず・・・。 

やはり、ドクダミは野草茶の王様。
s-1707 野草茶 (2)
乾燥中のドクダミ、今年はとてもいいのがたくさん採れました。

ドクダミはクセのあるにおいなので、毒があるのだろうとドクダミという名がついたそうですが、
実際は、毒消しの作用があり、抗菌、利尿、心臓疾患の予防など効能は一杯、
しかも、味はよく、野草茶には欠かせない。  おいしいのができそう!





食べ物 山菜 Natural foodstuff | 14:47:30
ヤマシャクナゲが見たくて
ヤマシャクナゲと紅花イチウヤクソウに会えるというのに誘われ、
6月上旬、十文字峠に行きました。 山上りとは知らなかった!! 

十文字峠(じゅうもんじとうげ)は長野県川上村と埼玉県秩父市を結ぶ古くからある峠。標高約1,970m。
峠ときくと、勝手に低い所とおもってしまうのだけど、立派な山上りでした、しかも急坂の。
上りは超苦手な私。 やっぱりこの日も私が隊列を長~~くしていました。
ごめんなさ~~い。

では、すばらしい自然をどうぞ。
170609 十文字峠 (15) s
山シャクナゲの群落は想像以上でした。 しかも満開という運のよさ。

170609 十文字峠 (22) s
山の奥にまで拡がる山シャクナゲ。 一体どのくらいの時間がかかったのだろうか。
100年単位の時が必要だったのではと、畏敬の念を覚えました。

170609 十文字峠 紅花イチヤク (2) s
一坪でも感激するのに、どこまでも続く紅花イチヤクソウ。 しかも里で見るより、うんと紅色。
いつまでも残ってほしい。

s-170609 十文字峠 (8)ミヤマカタバミ
きつい上りの足下に咲くミヤマカタバミがやさしく、印象的でした。


八ヶ岳の風景 Scenes around | 20:20:03
春から夏は、農業
春、土が緩んでくると、すべての生命の始まりです。
そして俄然、忙しくなります。
その一つが、畑づくりです。 
s-hatake2017 (2)
4月、今年の畑の始まりで~す。
元気なのは、青森産で有名な大きなニンニク。 

s-1706 畑 (3)
6月の畑、 ほとんど一面に野菜が植えられています。
これからは、収穫のみ!  そして秋野菜に。

s-1706 畑 (4)
このネットは、シカとイノシシ対策。
これでも不十分で、毎年、イノシシやハクビシンにやられている。 でもいいやって感じ。 



日記, Daily life | 16:33:20
次のページ

FC2Ad