■プロフィール

mikaduki

Author:mikaduki
八ヶ岳南麓で、自然と共に暮らしながら、和紙作りとお店、そして、自然のままの庭で楽しんでいます。 

ギャラリー&工房  「森のあかり」
山梨県北杜市大泉町西井出8240-838
http://www.morinoakari.work

八ヶ岳の大きな森と景観に魅せられて、引越して来たのも一昔前になりました。 周りの景観も劣化。私的には、自然の豊かさに感謝しながら、自然の営みと共にある暮らしを目指しています。 

■カテゴリー
■ブログ内検索

■最近の記事
■リンク
今週は 落ち葉week
今週は、落ち葉weekです。  そして、紅葉がきれいです。
サラサラ、ふわふわとひっきりなしに葉が舞い降りてくる。
屋根も落ち葉でカラフルに。
s-1711 紅葉 (1)
赤茶に色づいているのはウワミズザクラ。
樹種によってそれぞれ色が違うのが凄い。

s-1711 紅葉 (5)
手前の黄金色はダンコウバイ。 赤はモミジ。
周りの木が落葉して、陽が当たり始めて、紅葉が始まりました。

s-1711 紅葉 (17)唐松
カラマツもきれい!

s-1711 紅葉 (18)
最後に富士山。


 


八ヶ岳の風景 Scenes around | 21:23:18
青トマトのジャムがたくさんできました。
10月下旬、霜を見てびっくりしながら、畑に行くと、
ピーマンやシシトウが息絶え絶えの状態、でも収穫(笑い)。
トマトは、青いままで、一杯残っている。 でも、大丈夫!
この青トマトを待っていたのだ。
だって、青トマトはジャムは最高に美味しい。 ピクルスもばっちし。

手がちぎれそうなほどの青トマトを持ち帰って、直ぐにジャムづくり。
s-1711tomato jam
こんなにたくさん、青トマトジャムができました♪♪。 瓶がなくなりそう(笑い)
青トマトの独特の苦みが、ジャムにすると、大人の味になっておいしい。

畑は、夏野菜が終わり、今秋野菜に。
s-1711 potage (2)
手前の黒い部分は、植えたばかりのタマネギ。 
これで今年の畑仕事はほとんど終わり。
でも、10月の長雨のせいか、ニンジンも、野沢菜も、大根も大きくなってない。
11月中に爆発的な成長を望むのみ。

八ヶ岳の風景 Scenes around | 17:16:45
ヤマシャクナゲが見たくて
ヤマシャクナゲと紅花イチウヤクソウに会えるというのに誘われ、
6月上旬、十文字峠に行きました。 山上りとは知らなかった!! 

十文字峠(じゅうもんじとうげ)は長野県川上村と埼玉県秩父市を結ぶ古くからある峠。標高約1,970m。
峠ときくと、勝手に低い所とおもってしまうのだけど、立派な山上りでした、しかも急坂の。
上りは超苦手な私。 やっぱりこの日も私が隊列を長~~くしていました。
ごめんなさ~~い。

では、すばらしい自然をどうぞ。
170609 十文字峠 (15) s
山シャクナゲの群落は想像以上でした。 しかも満開という運のよさ。

170609 十文字峠 (22) s
山の奥にまで拡がる山シャクナゲ。 一体どのくらいの時間がかかったのだろうか。
100年単位の時が必要だったのではと、畏敬の念を覚えました。

170609 十文字峠 紅花イチヤク (2) s
一坪でも感激するのに、どこまでも続く紅花イチヤクソウ。 しかも里で見るより、うんと紅色。
いつまでも残ってほしい。

s-170609 十文字峠 (8)ミヤマカタバミ
きつい上りの足下に咲くミヤマカタバミがやさしく、印象的でした。


八ヶ岳の風景 Scenes around | 20:20:03
雪が降って、溶けて。
スキーの好きな人にはたまらない2月なのに、雪がないなぁと思っていたら、
連休前に、サラサラの最高の雪が降りました、しかもここで20-30cmなので、
上のスキー場は、喜んでいるだろうな。
s-170210 2月雪 (3)
雪が降るとき、音のない世界になる。 この絶対的な静けさ、好きです。

s-170210 2月雪 (2)
青空なので、雪はとけるかな?

s-170211 雪溶ける
そして翌日。 がんばって雪かきしたところは、雪が溶けました。

八ヶ岳の風景 Scenes around | 21:51:16
この冬3回目の雪きかき
この冬3回目の雪。 今回は、15cmくらい。 
雪かき、始めま~っす!  運動も兼ねて!
こちら南側のベランダ。  
s-1701yukikaki (1)

こちら玄関のある北側
s-1701yukikaki (2)

そして、1時間後、 ベランダとベランダの周りがすっきり。
s-1701yukikaki (3)

玄関側は、駐車場も。  1時間で完了、上出来です!  
s-1701yukikaki (4)


八ヶ岳の風景 Scenes around | 14:34:48
八ヶ岳からの景色は、やっぱり素晴らしい 
12月12日の朝の眺めです。
何百回も目にする八ヶ岳からの風景、 やっぱり美しい!
s-富士1612 (1)
実際はもっとはっきり見えています。(富士山は、いつも逆光になるんです。)

s-八ヶ岳1612 (2)
八ヶ岳と富士山の両方がきれいに見える日は、気分も晴れま~す。


八ヶ岳の風景 Scenes around | 11:27:49
森の中に天守閣の保養施設のうわさ
最近は、森の伐採が始まると、太陽光発電設備ができるのではないかと疑うのが日常になっている。
太陽光ではないけど、落ち着いた森林のある生活環境・景観を破壊が、近所で起きそうなのです。

埼玉県のMTECという建設会社が、保養施設ということで、3層の天守閣がある建物を
計画していることがわかり、今近隣の住民は戦々恐々としている。

住民といっても、隣接している人に限られているのが、問題。
ここ北杜市の条例では、同意は近隣住民に限られていて、周辺の住民の意見は無視されている。
そのために、良質な景観が保たれないことになる。

景観は、その地域全体のもの。
景観はその地域の意識のなかで作られていくもの、そして景観が悪ければ、
その地域への愛着も薄れ、またその地域の魅力も低くなり、土地の価値も下がるだろう。  
日本ではそのようなことを言うのはタブーなのか、
景観と土地の価値をリンクして考える人は少ないように思う。

太陽光発電で地域活性と言って推進の北杜市だが、
既に太陽光発電設備のあるところでは、土地価格が下がって売れないと不動産屋は嘆いているという。

先日訪れた尾道、倉敷は、地域の資源を活かしてのまち作りが明確で、住民はみんなニコ、まちはイキイキ。
住民がまち作りに係わっているのが何気ない会話からも伝わって来るのです。

世界に誇れる自然景観を持つ北杜市。 この景観を軸にまち作りをすれば、
この地域は今後素晴らしいところになるとおもうのだが・・・。 この度、
高速道路が地域経済にプラスになり、ストロー現象は起きないと信じる人が新市長になった。


八ヶ岳の風景 Scenes around | 11:54:24
11月に雪!
朝起きたら、雪!
木もまだ葉を落としている最中だというのに。
s-16 11月の雪
 

八ヶ岳の風景 Scenes around | 10:33:15
春のクラフト展を開催しています。
春の日差しに、かがやく新緑の八ヶ岳、是非お越し下さい。

アクセサリー と 木の器 展

作り手の個性が光るシルバーや天然石のりアクセサリーの数々と、
樹木から切り出して作った木の器やスプーンが揃いました。

期日: 2016年5月1日~5月31日 (火曜日休み)  10:00 am ~ 5:30 pm  
s-16木の器350

s-16haru jewrly (18)350


アクセサリー :  伏見 佳奈子(silver) 
        高嶋 真理 (金属)
        海野 えり子(silver)
        伊藤 達美 (silver)
        浅野 まり (天然石)
        後藤 美和子(組紐)*
木の器:  武田 省一*
       三好 克泰*
*印の作り手は山梨県の作家です。
他に、オリジナル和紙、あかり、手織り小品、一輪挿しなど、
自然素材のクラフト多数を展示販売。

場所: 森のあかり (大泉、北杜市)(TEL:0551-38-0248)


八ヶ岳の風景 Scenes around | 15:17:25
暴風、熊本の地震
今起きている熊本、大分での地震、信じられないような大きな地震だ。
余震で、みなさん本当に不安な日々を過ごされているのだろう。

八ヶ岳は、今朝、暴風が吹いた。 こんな強風が、熊本にも吹いたのかと思うと、心が痛む。
荒れ狂うような風で、庭には、風で引きちぎられたコブシの花が落ちていた。
こんなことは初めて。
s-1604風の後青空 (3)

午後には、青空、八ヶ岳ブルーの空が広がってきた。  
s-1604風の後青空 (4)




八ヶ岳の風景 Scenes around | 22:45:24
次のページ

FC2Ad