FC2ブログ
 
■プロフィール

mikaduki

Author:mikaduki
八ヶ岳南麓で、自然と共に暮らしながら、和紙作りとお店、そして、自然のままの庭で楽しんでいます。 

ギャラリー&工房  「森のあかり」
山梨県北杜市大泉町西井出8240-838
http://www.morinoakari.work

八ヶ岳の大きな森と景観に魅せられて、引越して来たのも一昔前になりました。 周りの景観も劣化。私的には、自然の豊かさに感謝しながら、自然の営みと共にある暮らしを目指しています。 

■カテゴリー
■ブログ内検索

■最近の記事
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
アクセサリーと木の器展 作り手紹介
今開催中の「アクセサリー&木の器展」の作り手たちをご紹介します。
期日: 2016年5月1日~5月31日  (火曜日休み、31日営業)  
場所: 森のあかり (大泉、北杜市)(TEL:0551-38-0248)

16haru jewrly (17) s
シルバー、天然石、金属と、6名の作り手の個性が光ります。
いつでも、どこでも使える、手作りならではの温かみあるアクセサリー。
もちろん、とってもおしゃれです!

16fusimi2 s
新しい仲間の伏見 佳奈子さん。長く、ドイツで活躍していらっしゃいました。
デザインが素敵!と光るものがあります。 おしゃれにも、カジュアルにも気軽に使えます。

16takashima s
高嶋真理さんのアクセサリー。
どんな服にも、どんな時にも使いやすく、多くのファンがいます。


木の器やカトラリーは、見ているだけでも、ほっとするような優しさがあります。
そして、木目が美しい、温もりあふれる木の食器は魅力たっぷりです。

1605miyoshi (3)
三好 克泰さんの木の器、 サラダポール、煮物用に合う少し深めの器です。
生木の時、形を作り乾燥させるため、一つとして同じものがありません。
木目と自然が作る形が魅力です。

1605takeda (2)s
武田 省一さんの木の器とカトラリー。
パン皿、パスタ、おつまみ、お菓子入れにと、食卓が楽しくなります。
駄菓子も木の器で食べると、一層おいしいです。


森のあかり 和紙&照明  Japanese paper/lamps | 16:31:30

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。