■プロフィール

mikaduki

Author:mikaduki
八ヶ岳南麓で、自然と共に暮らしながら、和紙作りとお店、そして、自然のままの庭で楽しんでいます。 

ギャラリー&工房  「森のあかり」
山梨県北杜市大泉町西井出8240-838
http://www.morinoakari.work

八ヶ岳の大きな森と景観に魅せられて、引越して来たのも一昔前になりました。 周りの景観も劣化。私的には、自然の豊かさに感謝しながら、自然の営みと共にある暮らしを目指しています。 

■カテゴリー
■ブログ内検索

■最近の記事
■リンク
しまなみ海道をサイクリング!
瀬戸内しまなみ海道を一泊2日でサイクリングしてきました。
以前から、やりたかったサイクリングでの瀬戸内横断、ハードでしたが、本当に楽しめました。

四国の今治側から出発。 
駅で地図を貰い、初めて気がついたのです。 それは、自転車が通れるのは、橋だけということに。
更に、橋は、島の高いところを通っているので、その度に、エッチラオッチラと上るということ。
この高低差がきつかったぁ。  でも、景色も、島の人も、生活風景も最高でした。

s-IMG_4950大島 (5)
これが最初の来島海峡大橋。 今治から大島に渡る橋です。
この橋に上ってくるのに必死。 ハードなしまなみ海道を、実感しています。

s-IMG_4950大島 (9)
この橋を渡って来ました!  島に降りてくる下り坂は気分爽快! 
でもすぐ、島は平地ではなく、坂が多いということ、実感。 坂がきつくて、今休憩中。

s-IMG_4967大三島 (11)
おだやかな瀬戸内らしい島風景。 癒やされます。

s-IMG_4973多々良大橋
吊り橋の美しい多々羅大橋(大三島→生口島)。
それと、レンタルした私の愛車。 荷物があるので、ほんと、負荷が高い。

s-IMG_5007最後の橋 (4)
いよいよ、最後の橋。 
どうにか瀬戸内海横断を敢行できそうなので、ホッとしています。

s-IMG_5017向島 (11)
渡し船で、向島から尾道へ。 110円でした。

s-IMG_5030尾道到着 (8)
尾道にはちょうど夕暮れ時に到着。 
自転車を戻して(乗り捨て)、港にでると、そこは広くて長~いウッドデッキ。疲れた体にやさしい。 

しまなみ海道は、ハードでしたが、おかげで達成感は最高でした。
それに、景色は勿論のこと、人々のやさしさ、島の生活風景がとても心地良くて、
サイクリングの聖地と言われる人気がわかります。

翌日、尾道を観光。 戦災に遭わなかったために昭和の建物がそのまま残っていて、
それを活かしたまち作り、景観づくり。 町全体がおしゃれで、しかも、人情味あふれている。
誰にきいても、みんな自分のまちのことをよく知っていて、親切に教えてくれる。
買いたいおみやげも、おいしい食べ物も一杯あって、
大好きなまちになりました。



旅に出かけよう Journey | 18:58:40

FC2Ad