FC2ブログ
 
■プロフィール

mikaduki

Author:mikaduki
八ヶ岳南麓で、自然と共に暮らしながら、和紙作りとお店、そして、自然のままの庭で楽しんでいます。 

ギャラリー&工房  「森のあかり」
山梨県北杜市大泉町西井出8240-838
http://www.morinoakari.work

八ヶ岳の大きな森と景観に魅せられて、引越して来たのも一昔前になりました。 周りの景観も劣化。私的には、自然の豊かさに感謝しながら、自然の営みと共にある暮らしを目指しています。 

■カテゴリー
■ブログ内検索

■最近の記事
■リンク
フキでキャラブキと砂糖煮
この時期、まるで、山菜に追われているような気がする。
梅雨の合間を見て、フキを採集。 青梅もとらなきゃ。

フキの軸は、柔らかいので、皮付きのままキャラブキに。
キャラブキは本の通り作ったら、見栄え良くできました!
葉っぱは柔らかそうなのを選んでキンピラにしました。  
1906フキ-s

その後、さらに、みずみちに元気のいい蕗がたくさん出ているのを発見。
太いので、砂糖煮の、お菓子(今風に言えばアンゼリカ)に初トライ。  
試行錯誤していたら、甘くなりすぎてしまった。
でも、きれいに作る方法がわかったので、来年からはうまくできるかな。



食べ物 山菜 Natural foodstuff | 13:22:18
ヨメナ、野菊の山菜
畑で野菜ができるまでは、山菜を食べればいいんだ!と思いついて、
ここ数年、毎日、春になると山菜頂いています。

今はまっているのは、野菊類の新芽の先っぽ・・・ヨメナ、ノコンギク、ユウガギク、ゴマナ、ツリガネニンジンなど
 さっと湯がいて、炒めていただいています。  ピザにしてもおいしい。
1906 nogiku (3)-sユウガギク

今年は、ホワイトソースと野菊のパイにしました。
明日は、ご飯に混ぜて、おむすびにしてみよう。
1906 nogiku (4)-sヨメナ
今は、ミズや、ミョウガの若芽も、おいしいです。

ベジタリアンフードが人気の今、山菜レストランがアメリカでは人気になっているらしい。
日本だともっと美味しくて、種類も豊かな料理ができそう。




。  


食べ物 山菜 Natural foodstuff | 02:36:48
野草の色、やさしくていつも新鮮
今年のオダマキは、とても元気。    
この淡い黄色が、新緑の緑に映えて、とてもきれい。
1906odamaki (1)-s


自然と共に 樹木と野草 With nature | 18:05:27
八ヶ岳の雄大な眺望、やっぱし最高
本格的な梅雨が始まる前に朝から晴天。
春の新緑の八ヶ岳は今だ!と、ドライブ。
我が家に来ているウーファー(仏人)も、こんな景色見たことない。スイスよりも凄いと感激。

八ヶ岳の雄大さ最高。 
1906 yatsu (1) s

南アルプスの山並、やっぱし最高!
1906yatsu (3) s


富士山は、頂上を少しだけの、かすみの中でした。 

八ヶ岳の風景 Scenes around | 18:00:55
ウバユリを食べる

ウバユリって、こんな花。ヤマユリの様な派手さはないけど、森の木陰に自生していて、
静かな美しさのあるユリ。 

ウバユリ140808-s
ウバユリは、他のユリと同じく球根を食用にできると言うけれど、
今までに食べたという人と会ったことがない。

でも、食べれるはずと、食べて見ました。

今年、ウバユリが、庭一面に増えてきて、どうも、庭が乱れてきれいに見えない。
そこで思いついたのが、食べてみること。
ネットで見ると、花が終わった秋の方が美味しいと出ているけど、
アイヌの人達は芽が出る4月~5月に食べるとあった。 そこで、私も春に。

1905 ubayuri 2-s
外側の黄色の部分を取り除くと、白い球根が出てくる。 
それをさっと茹でて食べた球根は、ホクホクして淡い甘みもあり、なかなか美味。
アクが強いと書いていたが、全くアクはない。

でも、2週間位すると、球根は白くなり、大きくなってきた。
煮ても甘みがなく、筋ばってきたので、採り時は終わったようだ。 


1905 ubayuri-s
これは、今年花を咲かせる苗。 咲く苗の球根は、栄養が葉や花になるために吸い取られるのか、
球根は既に消滅していた。 だから、ウバユリが好きなイノシシも、花を咲かせる苗は食べないのだ。

私が春の抜いている大きな理由は、イノシシの被害に遭いたくないからだけど、それは、アイヌの人達も同じだったのではなかろうかと思う。



食べ物 山菜 Natural foodstuff | 18:45:58
前のページ 次のページ